英語を学ぶ方法

ABC

それぞれの良さを知ろう

みなさんはスピードラーニングをご存知だろうか。あの、よくテレビやラジオでコマーシャルをしている英会話の勉強法の1つだ。だが、あまりにもよく出来すぎていると思う方も多いのではなかろうか。第一、英語を聞くだけで英語が話せるようになるなら、日本人は今頃全員ネイティブスピーカーになっているはずだ。そこで今回は、代表的な英会話学習法である、英会話教室と比較しながら、スピードラーニングについて考えてみたい。まず、スピードラーニングの長所はなんといっても簡単でそれほど費用がかからないことだろう。英会話教室に通うとなれば、入会金、授業料、テキスト代など莫大な費用がかかる。また、決められた時間に教室に行かなくてはならないため、時間の制約も大きい。だが、スピードラーニングにはある問題がある。それは、サボろうと思えばどこまでもサボれるということだ。講師の方もいなければ、いつまでにやらなくてはいけないなどの締切は基本的にない。自主性によるところが大きいのだ。これでは、忙しさにかまけて辞めてしまう社会人が多くいることも仕方のないことなのかもしれない。英会話教室はその点、必ず決まった時間に講師の方に会いに行かなければならないため、比較的サボりにくいと言えるだろう。次に、教育の質についてだが、これは主観的にしか判断できない。英会話教室の方が自分に合っていると思う人もいれば、スピードラーニングの方が好きだという人もいる。この点では、両者の公平な比較はできかねる。ここまで、英会話教室を比較することによってスピードラーニングについて考えてきたが、どちらも一長一短であるというのが結論だ。選ぶときには必ず自分に合った方を見極めて選ぶようにしてほしい。